初めての歯医者さんは駐車場完備か確認を

  • マイクロスコープで精度の高い治療を行なう歯医者さん

    • 歯医者さんのの治療には保険診療と自費診療があります。



      特に自費で行なうような治療には高い精度が求められ、ミクロンレベルでの正確性が不可欠となります。



      マイクロスコープは手術用の顕微鏡で、0.2ミリが限界とされる裸眼の視野を20倍以上に拡大することが可能な機器です。



      マイクロスコープが最初に導入されたのは耳鼻科や眼科の領域てしたが、その後産科や脳外科などでも次々に使用されるようになり1990年代には歯医者さんでも有効性が認められるようになったという歴史があります。



      マイクロスコープが使われることによって、それまでは先生の手先の感覚や勘などに頼っていた歯医者さんの治療が視覚的に確認できる、見える治療となり精度が格段に高い治療が受けられるようになっています。



      海外特に欧米の医療先進国では既に歯医者さんでの治療の主流になっているこの手術用顕微鏡ですが、日本ではまだ一般的な普及には達しておらず歯科医院における設置率は数パーセントという現実があります。
      歯科領域でなかなか普及しない理由には、機器そのものが大変高額であることに加えて教育の場がまだまだ少なく使いこなせる歯医者さんが少ないといったことがあげられます。



      全国には、数少ないながらも全ての治療にマイクロスコープを使用してミクロン単位の見える治療を行なっている歯科医院がありますし、その正しい技術を幅広く広めることを目的にしてマイクロスコープインストラクターとして歯科医師を対象にした講習会などを開いている歯科医院もあります。

  • 関連リンク