初めての歯医者さんは駐車場完備か確認を

  • マイクロスコープで精密な根管治療を行なう歯医者さん

    • マイクロスコープは手術用の顕微鏡です。
      耳鼻科や眼科で最初に導入され、その後産婦人科や心臓外科などでも使用されるようになって1990年代には歯医者さんでの治療における有用性も認められています。
      歯医者さんでの治療、特に自費で受ける診療の中には制度の高い治療が求められるものが少なくなく、根管治療はそのひとつです。



      根管治療というのは、いわゆる歯の根っこの治療です。



      根管は歯の中にあって、従来ですと歯医者さんの先生が手先の感覚や勘を頼りに手探りで治療をしてきましたが、マイクロスコープを使用することによって歯の内部を拡大することが可能になりました。

      マイクロスコープの使用で裸眼の20倍から30倍に視野が広がり、歯の根っこの中を視覚的に直接確認しながら精密な治療を行なうことができます。



      これにより、今までの歯科治療では考えられなかったレベルの精度の高い根管治療はじめさまざまな精密治療が可能になります。



      しかし、欧米などの医療の先進国ではすでに定着しているこのマイクロスコープですが、日本ではまだまだ普及率が低いのが現実で全国の歯科医院での設置率は数パーセントとまだまだ低いのが原状です。

      これには、機器そのものが大変高額であることや、技術を伝える場が少ないために使いこなせる歯科医師が少ないといった理由を上げることができます。



      数はまだまだ少数ですが、あらゆる治療にマイクロスコープを使用し、インストラクターとしてその正しい使い方を講習会などを通じて広めている歯医者さんもあります。



  • 関連リンク

    • マイクロスコープとは、治療する場所を拡大して見ることのできる高精度顕微鏡です。高精度顕微鏡は医療現場での治療では一般的になっていますが、歯科の分野では、残念ながらまだまだ使っている歯医者さんは少なく、導入率は日本全国で2%から3%にとどまっています。...

    • マイクロスコープは手術用の顕微鏡です。耳鼻科や眼科で最初に導入され、その後産婦人科や心臓外科などでも使用されるようになって1990年代には歯医者さんでの治療における有用性も認められています。...